知っておきたい雨漏り修理費用について

雨漏りは、通常、戸建ての場合には、屋根、外壁で起こり、マンション等であれば、屋上、ベランダ、外壁などで発生します。
所有者が自ら対処をするケースとしては戸建てがあり、軽微で侵入箇所が確定しているようであれば、シーリング材を用いて自分で治すこともできます。

修理は、広範囲に及んでいる場合や状態がひどいようであれば専門業者に依頼をすることになりますが、この場合、不安な点としては費用面があります。理由としては、雨漏りの場所、修理方法、修理範囲によって費用が大きく変動することがあり、依頼をする場合には必ず見積を取った上で最終判断をする必要があります。雨漏り修理費用に関しては相場は確認できるものの、例えば、1例として棟板金の雨漏り修理費用が30万円〜100万円、瓦屋根の漆喰の場合には30万円〜80万円、瓦自体やスレートでは30万円〜100万円、施工不良が原因の場合には20万円〜300万円、経年劣化であれば100万円〜300万円など、大きな開きがあります。費用に関しては依頼先も考慮する必要がありますが、基本的には、鉄板関係であれば板金業者、シーリングや防水関係であれば防水工事業者、モルタルなどの外壁であれば左官業者、塗装関係であれば塗装業者が関係する職種となります。
一般の人の判断で難しいのはどの業者が該当するのか分からないことがあり、付き合いのある業者がいないようであれば、リフォーム会社や工務店への依頼が経費はかかるものの、より総合的に判断をすることが可能となります。



雨漏り修理費用で注意が必要なのは、業者の信頼性はもちろんのこと、あまりにも安いケースがあり、この場合、完全な施工ではなく、応急処置、例えばシーリングのみで済ませるなどが考えられます。



必ず、内訳明細まで明記をする業者に依頼をする必要があり、しっかりした業者の場合には、施工前、施工中、施工後の写真を含め、保証期間も設けています。



top